007映画で英語の勉強 It is time+過去形は、~してもよいころだ

仮定法過去が It is time ~ の後に続く節の中で使われ、~してもよいころだ という潮時を表す。time の前に about、high がつくこともある。
とロイヤル英文法(綿貫 陽/宮川 幸久/須貝 猛敏/高松 尚弘 著)にあります。
文法的に言えば、仮定法過去になります。

007映画ではどう使われているか見てみましょう。

ゴールドフィンガーでは、
英国銀行は、ゴールフィンガーがどういう方法で金の延べ棒を海外に移送しているか調査しましたが、いまだにわかってません。Mと007にお願いをしてます。
00時間21分50秒
If your department can establish that it is done illegally, the bank can institute proceedings to recover the bulk of his holdings.
I think it’s time Mr. Goldfinger and I met.
Socially, of course.
もし、おたくの部局がこれが非合法にやられていると立証できるなら、銀行は彼の保有物の大部分を取り戻す訴訟を開始できるのですが。(銀行の人)
ゴールドフィンガーと私が会う良い頃合いですね。(007)
社交的にね。(007)

establish      立証する
institute     〈調査・訴訟手続きなど〉を開始する.
proceedings    訴訟手続き
bulk        the bulk 大部分、大半
holdings     (通例複数形で)保有物

ゴールドフィンガーでは、
CIAが007が捕らわれているゴールドフィンガーの牧場を見張ってます。ゴールドフィンガーは007が困ってないことを印象付けるために、ミス・プッシー・ギャロアと仲良く過ごしているところを見せつけようとしました。
プッシーは今まで、007に銃を突きつけたり、台に上って情報を探っている007の足を引っ張ってひき倒したりしてました。それがシックな装いで現れ、007と腕を組みます。
01時間25分28秒
Well, how about it, handsome?
Don’t you think it’s time we got to know each other socially?
Well, the new Miss Galore.
どうですか?二枚目さん。(プッシー)
そろそろ社交的に知り合いになってもいいころじゃない?(プッシー)
おお、新たなミス・ギャロア。(007)

handsome        ハンサム、色男、二枚目
英辞郎on the WEB
get to know       ~を知るようになる、~と知り合う、~と知り合いになる
英辞郎on the WEB
socially        社交的に、社交上、人との付き合いで
英辞郎on the WEB

これは現在形の疑問文の中に it is time+過去形 が入ってます。

ちなみに、the new Miss Galore ですが、固有名詞には普通 the は付きません。ただし、固有名詞の前に形容詞があると the が付くことがあります。この記事で勉強してます。

サンダーボール作戦では、
007はスペクターのラルゴの私邸に昼食に招かれました。
プールで泳いでいたドミノは言います。
01時間12分59秒
I think it’s time I went to change.
着替えに行っても良いころね。(ドミノ)

私を愛したスパイでは
ヘリコプターに乗った女殺し屋Naomiにさんざん攻撃された後、いよいよ007は反撃に出ます。
01時間15分14秒
It’s time we said goodbye to an uninvited guest.
招かざる客に、そろそろさよならを言う頃合いだな。(007)

リビング・デイライツでは、
007は自分が協力したソ連のゲオルギ・コスコフ将軍の英国亡命は偽の亡命ではないかと考えます。そのため、コスコフのガール・フレンドのチェリストのカーラ・ミロヴィに、コスコフの友達のように装って接近してます。調査から戻ると、カーラの態度がいつもと違ったので、こういいます。
01時間18分50秒
Kara, it’s time I told you the truth.
I’m not a friend of Georgi’s.
カーラ、そろそろ本当のことを言うときだな。(007)
僕はゲオルギの友達じゃない。

消されたライセンスでは、
親友のCIAフェリックス・ライターの結婚式のパーティで007は最後まで付き合った後、新婦デラにガーターベルトを投げられます。(ガータートスという風習)
そこでの会話です。
00時間17分42秒
You know the tradition?
The next one who catches this is the next one who…
No.
Thanks, Della.
It’s time I left.

Did I say something wrong?
He was married once.
伝統を知っている?これを受け取った人は…(デラ)
いいよ。(007)
ありがとうデラ、もうそろそろ帰る頃合いだ(007)

私、何か悪いことを言った?(デラがフェリックスに尋ねる)
あいつは一度結婚したことがあるんだ(フェリックス)

ネバーセイ・ネバーアゲインでは、
敵方に潜入した007から本部に連絡があったと、幕僚がMに報告してます。
01時間38分04秒
We’ve just picked up a message from one of our ships in the Med.
I think it’s from Bond, sir.
About time.
地中海の船からメッセージを受け取りました。(幕僚)
ボンドからだと思います。(幕僚)
頃合いだな(M)

英語字幕は
やっとか
でした。

About timeだけですが、これは、It’s about time 007 sent a message. とかの省略なのでしょうね。

そもそも、何でわざわざ過去形にするのか?
英文法解説(江川泰一郎著)では、
It’s time we went(=for us to go). もう行く時間です、と考えれば良いが、for us to go の場合は「まさにその時間だ」の気持ちであるのに対し、we went の場合は「もう少し遅すぎる」という含みを持つ、と言う学説を紹介してます。
ようやく反撃できるようになった私を愛したスパイでのシーンや、ライターの結婚パーティで最後の一人になった消されたライセンスのシーンとか、連絡を待ち焦がれていたMがいるネバーセイ・ネバーアゲインでは、まさに そんな感じがしますね。

007映画で英語を勉強して、300記事を超えました。好きな映画で英語を勉強するのは楽しいものです。この記事に全体の目次がありますので、ぜひともお好みの記事からご訪問ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です