007で英語の勉強 パーティ関係の英語

007で出てきたパーティ関係の英語をまとめました。 ビジネスにプライベートに使えると思います。

help yourself to

(立食形式のパーティ等で) ご自身で取って食べて(飲んで)下さい、という意味です。

ダイヤモンドは永遠にでは、
007はダイヤモンド密輸事件を調査するために、密輸人を装って、ティファニー・ケイスの家を訪ねます。
楽にしてて、すぐ行くから、と言って、ティファニーは奥に消えます。テーブルの上には、アルコール類が並べてあります。
00時間17分54秒
Help yourself to a drink.
何か自分で飲んでて。(ティファニー)

立食形式のパーティとかで使えます。
Please help yourselves to the snacks.
とか言って。
snack      複数形で軽食
ルミナス英和・和英辞典

ルミナス英和・和英辞典によると、
help には、(食物などを)〈…〉に分けて取ってやる よそう、という意味があります。
She helped me to some potatoes.
彼女は私にじゃがいもをよそってくれた。
だから、Help yourself to some potatoes. 自分自身にじゃがいもをよそいなさい、という事ですから、ご自身でじゃがいもを取って食べて下さい、となりますね。

また、「(盛り皿などから)自由によそう」意なので個人個人に取り分けられている場合には使わない、
とルミナス英和・和英辞典にしっかり書かれておりますので、そこは使う時に気をつけましょう。

(動詞+oneself は、promise myself 決心する、flatter yourself うぬぼれる とかいろいろおもしろいのがあります。
 いつか記事にしようと思ってます。)
追記:記事にしました。

第1弾では、
promise oneself 自分自身に約束する→決心する
flatter oneself 自分自身にお世辞を言う→うぬぼれる
lose oneself 自分自身に無くす→道に迷う
enjoy oneself 自分自身を楽しむ→愉快に過ごす
speak for oneself自分自身のために話す→自分の意見だけを言う
第2弾では、
make a spectacle of oneself
自分自身を注目の的にする→人に笑われるような事をする
brace oneself
自分自身の体の一部を(壁などに)押し当てる→体を安定させる
pull oneself together
自分自身を引っ張りまとめる→しっかりする
第3弾では、
help oneself to   自分によそう→自分で取って食べる[飲む]
behave oneself   行儀よくする
(ルミナス英和・和英辞典には他動詞用法はありませんでした)
ask oneself     自分に聞く→自問する
surpass oneself   自分を超える→実力を上回る成果を出す。
第4弾では、
distinguish oneself 自分を特色づける→目覚ましい働きをする
keep ~ to oneself  ~を自分にキープする→人に話さないでおく
satisfy oneself   自分を満足させる→確信する
arm oneself     自分に武装させる→武装する
be sure of oneself  自分自身を確信して→自身がある

パーティと言えば、
会社のパーティでは、少し硬いスピーチを終えた後、後は酒とかスナックを食べたり、楽しくご歓談くださいとかいうのがあると思います。

それには、こんな言葉が使えると思います。

■have fun

慰めの報酬では、
エコロジーの慈善家を装っているドミニク・グリーンが、スピーチをしてます。
当社のティアラ計画は、崩壊の瀬戸際にある世界を復活させるものです。皆さんが、それに参加する決断を望んでます、とかしゃべった後、最後に言います。
00時間57分34秒
And have fun.
楽しんでください。(ドミニク・グリーン)

スピーチが終わったら、スピーカを褒め讃えましょう。

■Excellent speech、Wonderful speech

慰めの報酬のシーンでは、その後、こういう言葉が次々にドミニク・グリーンにかけられてます。
00時間57分39秒
Excellent speech
Wonderful speech, Dominic.
すばらしいスピーチだと褒め讃えてます。

ちなみに、パーティの種類ですが、歓迎会は welcome party で、歓送会は、going-away party と言います。

■welcome party、going-away party

welcome party は007では見つかりませんでしたが、going-away は007に出てきます。

女王陛下の007では、
ブロフェルドのアレルギー治療院の女性患者たちの治療が終わり、明日はそれぞれの自分の母国に帰ります。
その歓送パーティです。ウェイターが女性たちに何かを提供してます。クリスマス・イブにエッグノッグ、家にいるみたい。(女性患者の一人)
01時間234分51秒
It is a treat for the going-away party.
歓送会向けのごちそうよ(ブロフェルドの妻)

treat       ごちそう
エッグノッグは、こんな感じです。

ちなみに、party という英単語ですが、みんなで楽しく集まるいわゆるパーティの他に、政党とか、何かの団体を表すこともあります。

スカイフォールでは、
M は査問委員会で質問をされてます。
それで、あなたの管理監督は、最近の危機に関し、一定の水準に達しているという訳ですね。(査問者)
01時間27分39秒
Well, I believe we have apprehended the responsible party
ええ、我々は犯行を起こした一団を逮捕しましたし、

ということで、今回はパーティに関する英語を勉強しました。

ちなみに、食事の時の英語のセリフは、
この記事にまとめてあります。ご覧下さい。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です