007映画で英語の勉強 可能性の低い possibly、can, can’t といっしょに良く使われる 第2弾

可能性を表す言葉を、高い順に並べると、100%, definitely, certainly, surely, probably, maybe, perhaps, possibly の順だそうです。英単語イメージハンドブック(大西泰斗、ポール・マクベイ著)
で、もっとも低い可能性が possibly です。
ルミナス英和・和英辞典では、possibly は、ことによると, もしかすると という、いかにも低い可能性の訳になってます。

possibly はいろいろ調べると、can, could という言葉と使われる事が多いそうです。
記事第1弾は can, could の肯定文でしたが、今日は 否定文、疑問文です。

■主語+can’t possibly+動詞、まずはできない

possibly は、
[否定文で can とともに] どうあっても(…できない), とても (…でない)
です。(ルミナス英和・和英辞典)
可能性が低いので、can’t とともに使われると、どうあってできない、とか言う意味になるのでしょう。

実際に007映画のセリフで見てみましょう。

スカイフォールでは、
機密のハードディスクが奪われ、各テロ組織に潜入しているMI6メンバーの身元がばれ殺されている、というニュースがテレビで放送されてます。キャスターが言ってます。
The Prime Minister continues to express public support for MI6 while the opposition has taken the position…
首相は引き続き、MI6を支援するが、野党はこんな立場をとってます…
テレビを消し、キャスターの言葉にかぶせて、マロニーは M に言います。
01時間07分33秒
Has taken the position we’re a bunch of antiquated bloody idiots fighting a war we don’t understand and can’t possibly win.
(野党は)こんな立場を取っている、MI6は、古臭い馬鹿者の一団で、わかりもしないし、どうあっても勝てない戦争をしている。(マロニー)

opposition    野党
a bunch of   一団、一味
antiquated   [普通は軽蔑] 古風な、旧式な
ルミナス英和・和英辞典

ダイ・アナザー・デイでは、
遺伝子療法と言う姿かたちを全く変えてしまう手術を受けたグスタフ・グレーブスの元の正体を知った007は言います。
01時間27分11秒
Was it painful?
The gene therapy.
You couldn’t possibly imagine.
Oh, good.
I’m glad to hear that.
痛かったのか?(007)
遺伝子療法の事だ(007)
とても想像できないくらいにな。(グレーブス)
いいね、それを聞いてうれしいな。(007)

日本語字幕(戸田奈津子さん)では、
想像を絶する
となってます。

ロシアより愛をこめてでは、
スペクターはソ連の暗号解読機を盗むのと007を殺すために、タチアナ・ロマノヴァと言うソ連の女性暗号係が暗号解読機レクターとともに、007にエスコートされて亡命したいと願っている、という計略を実行しようとしてます。
スペクターの首領が、英国情報部の長官 M はこの策略にひっかかるか?と作戦立案者に聞きます。
英国人はこういう罠っぽいものを挑戦と考えるし、(作戦立案者)
00時間10分34秒
In any case, they couldn’t possibly pass up even the slightest chance of getting their hands on the Lektor decoder.
They have wanted one for years.
それに英国人は、レクター解読機を手に入れるチャンスがあれば、まずは見逃しません。 (作戦立案者)
やつらは長年、欲しがっていますから。(作戦立案者)

日本語字幕(保田道子さん)では、
解読機入手の可能性がわずかでもあれば、挑戦します。
と、わずかでも、という表現にしてます。

pass up      〈チャンスなど〉を逃す, 見送る
ルミナス英和・和英辞典

■Can+主語+possibly+動詞 ?、(可能性は低いが)できますか?

ムーンレイカーでは、
007と少しとげとげしい仲だった女性科学者ドクター・グッドヘッドですが、手帳のペンや香水が秘密兵器だったので、007は彼女はCIAがドラッグスの所に潜入された諜報部員だとわかります。
グッドヘッドと007の会話です。
00時間51分14秒
Could this possibly be the moment for us to pool our resources?
It could have its compensations.
ひょっとして、これはちょうど、我々が協力しあうタイミングなんじゃない?(グッドヘッド)
埋め合わせがあるだろうしね。(007)

pool our resources (資金・資源・アイデアなど〉を持ちよる, 出し合う
私はプールという言葉を、使わずに貯めておく、と言うイメージで使ってました。でも、英語の pool は、持ちよる, 出し合うという意味なんですね。この記事で勉強しました。

compensations  埋め合わせ

あと、007映画では用法は見つからなかったのですが、Can+主語+possibly+動詞 ?は、丁寧な依頼にもなります。
ルミナス英和・和英辞典では、こんな用例が載ってます。
Could [Can] you possibly do? 《丁寧》 …していただけませんか.
Could you possibly let me exchange it?
それを交換していただけませんか.

possibly もしかして、できませんか、という形でお願いしているわけですから、丁寧な依頼なんだな、と覚えることにします。

以上、possibly を勉強しました。可能性が低い というコアイメージを持って、いろいろな所に応用できると思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です