007映画で英語の勉強 we have no idea who hired him or why、とか who knows what、とか、ひとつの文に疑問詞がたくさん 後編

前の記事 では、疑問詞を単に and、or で並べたものを見てきました。今日は違うものを見ていきます。

■who knows what、who knows where

who knows? は誰にわかるだろうか(誰もわからない)、何とも言えない、という意味です。
ルミナス英和・和英辞典
この who に加えて、もう1個、疑問詞がつくものです。

オクトパシーでは、
密輸もやる美女ばかりのオクトパシー・サーカスを率いるのはオクトパシーという女性です。
オクトパシーと007の会話です。
こういう美人たちをどこで集めてくるんだい?(007)
01時間13分10秒
There are many of them all over Southeast Asia, looking for a guru, spiritual discipline, who knows what.
こういう人は、たくさん東南アジアじゅうにいる、師や精神的規律を求めてでしょうね。誰が何をわかるでしょう(=誰も何もわからない)。(オクトパシー)

guru       指導者, 専門家, 師, 「教祖」.
ルミナス英和・和英辞典
discipline     規律

黄金銃を持つ男では、
黄金銃を持つ男をたどる手がかりである事業家ハイ・ファットが行方不明になり、007はさしあたりやる事がなくなり、女性連絡官のメアリー・グッドナイトとお酒を飲もうとしてます。
乾杯、この瞬間と未来のために。(007)
でも、この仕事では、将来については、わからないな。(007)
01時間06分48秒
Who knows where you and l will be this time next year.
来年のこの時に、君と私がどこにいるか誰が知るだろう(誰もわからない)。(007)

ゴールドフィンガーでは、
007は、ゴールドフィンガーが立てた米国金塊貯蔵所フォート・ノックス襲撃計画について、ゴールドフィンガーと話をしてます。
007が、原子爆弾を見つからずにそこに持ち込むのはリスキーだぞと言うと、ゴールドフィンガーは言い返します。
リスクはそっち側だ、
01時間24分32秒
If the authorities should attempt to locate it, who knows where it might be exploded.
もし、当局がその場所を特定しようとすると、どこで爆発するか誰がわかるか(誰もわからない)。(ゴールドフィンガー)

ちなみに、If 主語+should+動詞 というのは、万一~ならば、という意味です。この記事で勉強してます。

この三つの用例とも英語字幕で文の最後はクエスション・マークの?でなく、ピリオド . でした。
こういう反語的な言い方は、レトリカルクエスチョンと言われます。

ネイティブと英語について話したことには、こんな風にあります。

例を出すと”Who knows?” “Why not?” あたりがレトリカル・クエスチョンにあたります。
クエスチョンマークを付けるか?
これは書き方のスタイルの問題で、レトリカルクエスチョンの場合には「?」をつけない書き方もあります。
しかし、この意見に同意して同じようにつけない人もいる反面、「?」をつける人もいるので、どちらが正しいとも言い切れません。

007映画でも、?を付けているのもあります。

女王陛下の007では、
007はイタリアの犯罪組織ユニオン・コルスのトップのマルク・アンジェは、007に君のような男に娘と結婚してもらいたい、と言います。007が断ると、アンジェは言います。
もっと、会ってくれるだけで良い、
00時間25分56秒
Who knows what will come of it?
その結果何が起きるか誰が知るだろう(誰もわからない)。(アンジェ)

come of…      …の結果として起こる.
ルミナス英和・和英辞典

■which is which? 

サンダーボール作戦では、
007はスペクターのラルゴに部下を紹介してもらいました。同じような黒服を来た二人の男です。
01時間12分12秒
Mr. Vargas, Mr. Janni.
Which is which?
ヴァルガスとヤンニです。(ラルゴ)
どちらがどちらですか?(どちらがヤンニさんで、どちらがヴァルガスさんですか?)(007)

which is which は、
know which is which  両者を見分ける、どっちがどっちか分かる
can’t tell which is which どれがどれ[どっちがどっち]だか分からない[区別できない]
とか言う風に使えます。
英辞郎on the WEB

◆◆コラム whichは人間にも使って良い

このセリフですが、which は物に使うイメージが私にはあって、このシーンでは007が犯罪組織の一員のラルゴに仕える男たちを、見下して物扱いし which と言っているのかな、と思ってましたが、今回キチンと調べて which は人間に使っても良いという事がわかりました。

ロイヤル英文法(綿貫 陽/宮川 幸久/須貝 猛敏/高松 尚弘 著)では、
which は人にも物にも用いる。
Which of them is your farther?
あの人たちのうち、どちらがあなたのお父さんですか?

weblio英語例文 には which is which と言う表現がずばりあって、
“Their names are Tom and Dick.”? “Which is which?”
「彼らの名前はトムとディックです」「どちらがトムでどちらがディックなのですか」
とあります。

which を人に使っている例は、007映画では他にもあります。

消されたライセンスでは、
007は麻薬王サンチェスを追って南米にいます。サンチェスのホテルでカジノで金を派手に使って、さらにレイトを上げてくれと要求しました。
カジノのマネージャが上にいるサンチェスに判断を仰いでます。サンチェスはカジノを撮影している画像を見てます。
01時間04分22秒
I got a British sucker who dropped a quarter of a million and he wants to play no limit.
Which one?
イギリスのカモ野郎が25万すって、その後、リミット無しを要求してます。(カジノのマネージャ)
どいつだ?(サンチェス)

sucker      カモ
英辞郎on the WEB
drop       (賭博等で)する
英辞郎on the WEB

以上、we have no idea who hired him or why、とか who knows what、とか、ひとつの文に疑問詞がたくさんあるものを見てきました。
いろいろ使えそうです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です