007映画で英語の勉強 名詞の所有格 第2弾

名詞の語尾に ‘s(アポストロフィ s)をつけて、~のもの という意味を持つ所有格を勉強します。

ロイヤル英文法(綿貫 陽/宮川 幸久/須貝 猛敏/高松 尚弘 著)の分類に従い、
(1)単数名詞の所有格
(2)複数名詞の所有格
(3)固有名詞の所有格
の順で勉強していきます。
前の記事で、
(1)単数名詞の所有格
(2)複数名詞の所有格
は勉強しました。今日は(3) です。

■(3)固有名詞の所有格

-s で終わるものは以外は原則に従うが、-s で終わる固有名詞の場合は、次のようになる、とロイヤル英文法にあります。

■■①ギリシャ・ローマなどの古典の人名

‘ だけをつける
例文として、socrates’ death ソクラテスの死、Achilles’ tendon アキレス腱
ロイヤル英文法

007映画では見つけられませんでした。

■■② ‘s をつけると発音しにくくなるような場合

ふつう ‘ だけをつける
例文として、Moses’ prophecy モーゼの予言
*’s とすると発音上さらに[iz]がつくことになる。
ロイヤル英文法

最初、この解説はわからなかったのですが、日本語では、モーゼと言いますが、英語では Moses で、発音は モージズ なんですね、だから、’s をつけると、モージズィズ とかなるんですね。確かに発音しにくいです。

007映画では見つけられませんでした。

■■③上の①②以外のもの:通例 ‘s と ‘ だけのどちらかでよい。

例文として、
Columbus’s[カランバシィズ] discovery、Columbus'[カランバス] discovery コロンブスの発見
[s] で終わる語の時は、’s [iz]を付けることが多い。
Dickens’s[ディキンジィズ] novels、Dickens'[ディキンズ] novel ディケンズの小説 
[z]で終わる語の時には、綴り字では、’s だけをつけ、話し言葉では、[iz]と発音することが多い。
ロイヤル英文法

どっちにしろ、[iz]が多いのですね。

消されたライセンスでは、
米国に現れた南米の麻薬王サンチェスを、007はCIAのフェリック・ライターと協力し、捕まえました。007とライターの会話です。
本国に送還するのか?(007)
役人の半分は殺されているか、脅かされているか、買収されているんだ。(ライター)
00時間13分34秒
There’s only one law down there.
Sanchez‘s law.
Plomo o plata.
Lead or silver.
あそこには、法律は一つ、サンチェスの法だ。(ライター)
プロモ オ プラタ。(ライター)
鉛の弾丸か銀貨だな。(007)

ここでは、Sanchez サンチェス に ‘s をつけてます。発音もサンチェスィズです。ロイヤル英文法の通りですね。

慰めの報酬では、
M は、007がボリビアで暴走していると考えている大臣に呼ばれてます。ターナが事前説明をしてます。
01時間10分59秒
According to the Bolivians, it was a routine stop, and when they discovered Mathis’ body, Bond disarmed and shot them.
ボリビア人によれば、普通の停止命令で、警官がマティスの遺体を見つけたら、ボンドは彼らの武器を取り上げ射殺したと。(ターナ)

字幕では、’だけです。でも、発音は マティス ボディ でなく、マティスィズ ボディ でした。台本では、Mathis’s と書かれているのかも知れません。

慰めの報酬では、
007はドミニク・グリーンたちの会議の参加者の顔写真を撮る事に成功し本部に送ります。タナーが写っていた人物の名前をMに報告してます。
モシ・サレフ、かつてモサドに所属、今は通信業界の大物、ガイ・ヘインズ(Guy Haines)、首相の特命大使、…(タナー)
00時間46分20秒
It appears Bond shot Haines’ bodyguard and threw him off a roof.
ボンドはヘインズのボディガードを射殺し、屋根から落としたようです。(タナー)

ヘインズは[z] で終わる語です。字幕では、’だけで、ヘインズ ボディガードと発音されています。ヘインズィズ ではないです。

カジノ・ロワイヤルでは、
テロ実行者を提供する男を007が尾行すると、男は人体展という催しものの会場に入りました。そのアナウンスです。
00時間40分42秒
Dr. von Hagens’ Body Worlds invites visitors to observe the body’s various locomotive, digestive nervous and vascular systems.
フォン・ハーゲンズ博士の人体の世界は、皆様に人体のいろいろな運動神経、消化系神経と血管系をお見せします。

字幕もこの通りだし、発音も、ハーゲンジィズとは言ってなく、ハーゲンズです。

locomotive    運動の
digestive     消化の
ルミナス英和・和英辞典
vascular      血管の
英辞郎on the WEB

■(4)複合名詞の所有格

ロイヤル英文法の例文は、my father-in-laws’s hobbies 私の義父の趣味

007映画では用例は見つかりませんでした。

■(5)群所有格

1つのまとまった単位と考えられる語群は、最後の語に ‘s をつける。
the teacher of music’s room 音楽先生の部屋
*ふつうは the music teacher’s room とする。
ロイヤル英文法

the teacher of music の所有格ってことでしょうね。

007映画では、

カジノ・ロワイヤルでは、
007がル・シッフルとカジノで勝負する前に、資金提供係の財務省ヴェスパーと会います。この計画にあまり賛成してないヴェスパーとはとげとげしい会話になってます。
私の想像では、あなたはお金持ちの出ではない。そして学友たちはあなたにそれを忘れさせようとしなかった。(ヴェスパー)
01時間00分42秒
Which means you were at that school by the grace of someone else’s charity, hence the chip on your shoulder.
それはつまり、誰か他の人の義援金のおかげで学校に行けた、それゆえ、心の不満になっている。(ヴェスパー)

someone else の所有格ですね。
chip on one’s shoulder が不満とか言う意味になるのは、この記事で勉強しました。

があります。

以上、所有格を勉強しました。

007映画で英語を勉強して、300記事を超えました。好きな映画で英語を勉強するのは楽しいものです。この記事に全体の目次がありますので、ぜひともお好みの記事からご訪問ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です