007映画で英語の勉強 否定文中のyet、yet第1弾

ロイヤル英文法(綿貫 陽/宮川 幸久/須貝 猛敏/高松 尚弘 著)では、yet は、
①否定文と疑問文に用いる。
Has the mail carrier come yet? (郵便配達はもう来ましたか)
The mail carrier has not come yet. (郵便配達はまだ来ません)
②ふつう文尾に置くが, 中位にくることもある。
They haven’t yet arrived. (彼らはまた着いていない)
③have yet to または be yet to は「まだ~していない」という意味を表す。
I have yet to hear the story. (私はまたその話は聞いていない) The first snowdrops are yet to appear.
(初咲きのマッユキソウはまた姿を見せない)
④「まだ」という意味では肯定文にも用いる。
There is plenty of time yet. (まだ時間がたつぷりある)  still のほうがロ語的。
⑤ 未来の内容を表す肯定文で, 「やがては」 の意を表す。
We may win yet. (いっか勝つさ) * 文尾に置く ほうがロ語的。

英単語イメージハンドブック(大西泰斗、ポール・マクベイ共著)では、
yet のイメージは 「未完」。 できことがまだ終わって・完了しておらす、 後に続く感触です。この単純なイメージが、 yet のバラエティ豊かな使い方を支えています。
Is lunch ready yet? No, not yet.
(もう昼食の準備できた? いや、まだだよ)
どちらの yet にも 「未完」 が生きています。 最初の文は、 「朝食の準備はできましたか」 に 「まだなの?」 が添えられています。そこから 「待ちきれないよ」 「おいおい、 お腹すいてんだけど」など さーまさまな感情が乗っているのです。 not yet は 「not ready (準備できてないよ)まだだよ。」

私にとって、yet は、否定文の用法は慣れていて使えるのですが、肯定文、疑問文での用例はいまいち、不慣れで使いきれません。ここで、勉強しようと思います。

まずは自分にとって慣れている否定文の中の yet を007映画の中で見てみます。

■否定文の中の yet

カジノ・ロワイヤルでは、
007はル・シッフルに毒を盛られます。救急キットを取り出し、自分で血液を採取し、本部へ信号を送信します。
本部は除細動器を胸に貼れと指示します。本部は信号から急いで毒物を分析してます。本部の人間の指示です。
01時間36分30秒
Bond, don’t push the red button yet.
Do you hear me?
Don’t push it yet.
まだ、(除細動器の)赤いボタンを押すな。
聞こえるか?まだ押すな。
(この後、本部は青い液体の入っている注射器をまず首筋に打って、そしてその後ボタンを押すよう指示します。)

ロシアより愛をこめてでは、
ソ連の領事館に勤めるタチアナ・ロマノヴァがファイルの中の007の写真を見て、007がエスコートするのを条件に、暗号解読機を手土産に英国に亡命したいと言って来ました。
007はタチアナと会い、その暗号機について確認のために質問をしようとしてます。
暗号機の事だが。(007)
それだけに興味があるのね、私じゃなくて。(タチアナ)
仕事が先さ。(007)
01時間01分04秒
I know, once you have got what you want.
I haven’t got it yet.
知っているわ、欲しいものをいったん手に入れたら。(タチアナ)
まだ、手に入れてない。(007)

私を愛したスパイでは、
ソ連の女性諜報員アニア少佐がゴゴール将軍に呼ばれます。
核ミサイルを搭載した潜水艦のポチョムキンが消えたので調査するよう指示を受けます。そしてもうひとつ、アニアの恋人だった諜報員が殺されたことも伝えます。
00時間11分53秒
How did he die?
We haven’t all the details yet.
It appears he’d become involved in a British Secret Service operation.
どのような状況だったのですか?(アニア)
全ての詳細はまだ得られてないが、英国情報部の作戦にかかわっているようだ。(ゴゴール将軍)

②ふつう文尾に置くが, 中位にくることもある。とロイヤル英文法にありました。ここまでの例では、yet は全て文尾でしたが、中位に来る例もありました。

ネバーセイ・ネバーアゲインでは、
スペクターのエミリオ・ラルゴはある、パーティーである電子ゲームで対決しようと007を誘ってます。
01時間10分09秒
The game is called Domination.
I designed it myself.
But my problem is, I’ve never yet found a worthy adversary.
No doubt I shall disappoint you too.
このゲームの名前は「支配」だよ。(ラルゴ)
私が設計した。(ラルゴ)
問題は、まだ好敵手にめぐり合ってない事だ。(ラルゴ)

domination     支配
worthy        [ほめて] 尊敬[賞賛]すべき, 立派な、価値のある
adversary      敵; (競技・議論などの)相手, 対抗者
ルミナス英和・和英辞典

次の記事では、疑問文中の yet を勉強しようと思います。

007映画で英語を勉強して、250記事を超えました。好きな映画で英語を勉強するのは楽しいものです。この記事に全体の目次がありますので、ぜひともお好みの記事からご訪問ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です