007映画で英語の勉強 形容詞によって意味が違う、英米で意味が違う quite第1弾

quite には、
1 すっかり, 完全に, 全く, 全然; まるまる.
2 《米》 とても, 大変 (very).
3 《主に英》 まあまあ, まずまず.
4 [否定文で] すっかり…ではない, 完全には…ではない
5 全くそうだ, 全くそのとおり (certainly) 《相手のことばの相づちとして》
と言った意味があります。
ルミナス英和・和英辞典

これにそって、007映画ではどうなっているか、見ていきましょう。

■1 すっかり, 完全に, 全く, 全然; まるまる.

例文は、こんな感じです。
・I quite agree with you. あなたと全く同じ意見だ.
ルミナス英和・和英辞典

■■動詞を修飾

ユア・アイズ・オンリーでは、
英国の重要通信装置を搭載している船が沈没しました。英国政府の依頼により沈没場所を調査している海洋学者ハヴロックは、ゴンザレスと言う男に殺されました。007が調査を始めたのですが、ゴンザレスは海洋学者の娘にボウガンで殺されました。本部での会話です。
00時間29分33秒
You were meant to question Gonzales, not let Miss Havelock perforate him.
I quite agree, sir.
君はゴンザレスを尋問することになっていたんだ、ハヴロックの娘にゴンザレスを殺させるのでなく。(007への指示者)
全く、同意見です。(007)

perforate      穴をあける
ルミナス英和・和英辞典

ゴールドフィンガーでは、
英国銀行はゴールドフィンガーが金を密輸している事を立証して欲しいと M と 007 に依頼します。007はゴールドフィンガーにそろそろ接触しましょう、と言い、
00時間22分06秒
I’ll need some sort of bait.
I quite agree.
何かエサが要りますね。(007)
全く、同意見です。(英国銀行)

音声は、I quite agree. ですが、英語字幕は、I agree. です。

■■形容詞を修飾

形容詞の場合はちょっと、ややこしくなります。形容詞に対しては3通りの用例があります。

1 すっかり, 完全に, 全く, 全然; まるまる.
2 《米》 とても, 大変 (very).
3 《主に英》 まあまあ, まずまず.

これらをどう区別するかと言うと、
a)right、perfect、impossible などのように程度を表せない形容詞などを修飾する場合は、「まったく」の意味になり、
b)big、nice、warm などのように程度を表せる形容詞などを修飾する場合は、米国では「非常に」、英国では「かなり、相当に」の意味にもなる。
と英文法解説(江川泰一郎著)にあります。

a)に相当するのは、ルミナス英和・和英辞典での
1 すっかり, 完全に, 全く, 全然; まるまる.
b)に相当するものは、
2 《米》 とても, 大変 (very).
3 《主に英》 まあまあ, まずまず.
になると思います。

まず、 a) に相当するものとして、

ゴールドフィンガーでは、
007を捕まえているゴールドフィンガーの拠点をCIAが監視してます。ゴールドフィンガーは007を彼らの前に出して、心配不要と思わせようとしてます。
01時間21分16秒
We were quite right to spare Mr. Bond’s life in Switzerland, if those gentlemen are his friends.
彼らがボンド君の友達だとすると、スイスでボンド君を殺さなかったのは、全く正しかったな。(ゴールドフィンガー)

音声は、 We were quite right ですが、英語字幕は、We were right です。

女王陛下の007では、
いっしょに車に乗っていたテレサがブロフェルド一味に撃たれます。近づいてきた白バイ警官に007が答えます。
02時間20分19秒
It’s all right.
It’s quite all right, really.
大丈夫だ、本当に大丈夫だ。(007)

■2 《米》 とても, 大変 (very).

・It is quite cold this morning. けさはかなり寒い.
・He left quite suddenly. 彼はずいぶん急に出発した.
ルミナス英和・和英辞典での例文です。

ドクター・ノオでは、
007はドクター・ノオの陰謀を阻止し、何とかノオの島を小さな船で脱出し、ハニー・ライダといちゃついています。
CIAのフェリックス・ライターが軍の船で来て呼びかけます。
007がふざけて、どうしたんだ、俺の助けが必要か、と言い、ハニーがいるのも見て、ライターは、
01時間48分05秒
I’m quite sure you don’t.
君には助けは要らないとはっきりわかったよ。(CIAフェリック・ライター)
日本語字幕(保田道子さん)では、
邪魔したな
ですが、
シチュエーション上、《米》 とても, 大変 (very) があっていると思います。

ドクター・ノオでは、
デンツ教授がドクター・ノオの島にやってきて、007はバカじゃない、ここにやってきますと、警告してます。
00時間40分19秒
If he does, I shall hold you responsible.
I make myself clear?
Yes, quite clear.
もし、そうなったら、君の責任だ。(ドクター・ノオ)
わかったか?(ドクタ・ノオ)
はい、とても。(デンツ教授)

日本語字幕(保田道子さん)では、
分かりました
ですが、
舞台は米国のそばのジャマイカなので、とても, 大変 (very) というアメリカ式の用法と判断しました。

ちなみに、ここで出てきた、I shall は昔は良く使われたが、最近はあまり使われないと言う事は、この記事で勉強しました。

長くなりましたので、続きは別の記事で勉強します。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です