007映画で英語の勉強 君が~するとはおもしろいとかいう表現(should)

前の記事で、
shouldには、~すべき、と、~のはずだ、の他に、
Why shouldn’t we do it?
なぜそれをしていけないのか(していいじゃないか).
というような反語的用法を勉強しました。

今日は、should のもう一つの用例、
~するとは (it…that~ の構文で that に続く節または I’m sorry などに続く節の中で話し手の驚き・残念・心配などの反応や善悪などの判断を表わす)
It is strange that she should know nothing about it.
彼女(ともあろう者)がそのことについて何も知らないなんて不思議だ(とても考えられない).
ルミナス英和・和英辞典
を勉強します。

It is funny などに続く節の中で、~するとは

ムーンレイカーでは、
ブラジルのロープウェイで殺し屋ジョーズに襲われた007はロープウェイを飛び降ります。駆けつけた救急隊員も敵で、救急車の中で格闘した後、ストレッチャーごと車外に飛び出します。
その後、ブラジルの出張司令部に007は現れました。マニペニーとの会話です。
01時間14分00秒
James!
You look as though you’ve just fallen off a mountain.
Well, it’s funny you should say that, Moneypenny.
As a matter of fact, I was in a cable car and…
Never mind.
ジェームズ、まるで山から落ちて来たみたいね。(マニペニー)
君がそんなことをいうとは、おもしろいね。(007)
実は、ロープウェイにいて、そして…、いや、気にしないで。(007)

ロープウェイも cable car と呼ぶようです。

look as though の用い方は、この記事で勉強してます。

サンダーボール作戦では、
007は療養所の自室のベッドで、仲良しになった看護婦の裸の背中をミンクでなでています。窓の外の妙な様子に気付いた007は探りに行きます。
外から運び入れられたのは死体でした。目撃した007を殺そうとした男を倒して、007は自室に戻ろうとしてます。
迎えに来た看護婦と007の会話です。
00時間26分03秒
Haven’t you had enough exercise for one evening?
It’s funny you should say that.
一晩での運動は十分したでしょ?(看護婦)
君がそういうとは、おもしろいね。(007)

ということで、前編、後編で should のおもしろい使い方を勉強しました。
追記
should については、下記のような記事があります。
~のはず、のshould
・~why, how とともに用いて, …するはずがあろうか should の用法
I should thinkとかは控えめな表現should控えめな表現
shouldと違ってought toはあまり使われない

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です