007で英語の勉強 Using the Smart Blood, I’ve tracked Bond. スマート血液を使ってボンドを追跡した 分詞構文(前編)

分詞構文の ~ing … の意味は、世界一わかりやすい英文法の授業(関正生著)によると、
一般の参考書には、
1.時、2.原因・理由、3.条件、4.譲歩、5.付帯状況、とか
書かれているが、そんな事は覚えなくて良くて、覚えちゃだめで、条件、譲歩になる事はまずなくて、要は文の前か真ん中に出てくれば、て、で、後ろに来たら、そして、~しながら、と訳せばよいとあります。
Seeing a policeman, he ran away.
警官を見、彼は逃げた。
Every morning I wake up saying, “I’m alive, it’s a miracle.”
毎朝起きて、そして私は言う。「今日も生きている。奇跡だ」

007映画のセリフで見てみましょう。

■単純な ~ing

スペクターでは、
Qに、スマート血液という居場所を知らせる発信器を血液中に埋め込まれた007は、スペクターを追って、マドレーヌ・スワンと砂漠に向かってます。
マニペニーと Q が、夕食中の M のところに情報を持ってきます。
01時間29分54秒
Using the Smart Blood, I’ve tracked Bond to a point here in North Africa.
スマート血液を使っ、ボンドを追跡しました。ボンドは北アフリカのここにいます。(Q)

~て、でうまく訳せました。

スカイフォールでは、
MI6に対してハッキングのテロをやっていたシルヴァのコンピュータを Q が分析してます。
01時間26分09秒
Now, looking at Silva’s computer, it seems to me he’s done a number of slightly unusual things.
He’s established failsafe protocols to wipe the memory if there’s any attempt to access certain files.
シルヴァのコンピュータを見、彼が少し普通じゃない事をたくさんやっているように 私には見える。(Q)
もし、誰かがあるファイルにアクセスすると、メモリを消すと言うフェイルセーフなプロトコルを確立している。(Q)

~て、でうまく訳せました。

■否定の Not ~ing

ムーンレイカーでは、
007は毒ガスの研究所を見つけます。翌日、上司Mとグレイ国防相を伴って、ガスマスクをつけて入って行くと、研究所は跡形もなく無くなっており、敵のドラックスが何もなかったように普通にいます。
007や国防相を知っているドラックスが言います。
グレイさん、これは驚いた。(ドラックス)
00時間53分59秒
And in distinguished company, all wearing gas masks.
You must excuse me, gentlemen, not being English, I sometimes find your sense of humor rather difficult to follow.
著名なお仲間とご一緒で、皆さんガスマスクをつけながら
皆さん申し訳ないが、私は英国人ではないの、そのユーモアのセンスになかなかついていけませんよ。(ドラックス)

分詞は二つ出てきます。まず、not being English ですが、否定での用例ですが、関正生さんの言う通り、英国人でないので、と言うように、 ~で、で訳せます。
もう一つの分詞は、all wearing gas masks です。これは次の記事で扱いますが、主語(all 皆さん) が付く分詞構文です。また、後ろに来ているので、ガスマスクをつけながらと、~しながら、で訳せます。

company はここでは仲間ですが、他にもいろいろ用法があります。この記事で勉強しました。

■以前の時を表す Having

続く文の時より、以前の時を表すと、Having となります。

ワールド・イズ・ノット・イナフでは、
007は石油王ロバート・キングの金を取り戻して、MI6でキングに渡しました。007が M と酒を飲んだ時、氷に触った手にあぶくが生じてます。
札束には、爆薬がしかけられていたのです。キングは爆死します。
タナーがその後、分析結果を報告してます。
紙幣は尿素に浸けられていたので、それ自身が爆薬だった。(タナー) 
00時間17分47秒
Having handled the money, the water on 007’s hands, when he touched the ice, started a chemical reaction.
その紙幣に触れていたの、007の手の水は、氷に触った時に化学反応を起こした。(タナー)

ここでも、~で、でうまく訳せました。

長くなりましたので、続きは後編の記事にします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です