007映画 スペクター で英語の勉強

007映画シリーズのスペクター(2015年公開、監督サム・メンデス、主演ダニエル・クレイグ)のセリフで英語の勉強をしようと思います。セリフの登場順に勉強しますので、多少ネタバレになりますので、映画を先にご覧ください。

■ M の執務室で

007はメキシコでスペクターの一員のスキアラという男を殺しました。しかし、M の指令ではありません。理由を明かさない007に M は言い渡します。
00時間17分42秒
As of this morning, you are officially grounded.
I’m standing you down from all operations indefinitely.
今朝以降、君は自宅謹慎だ。(M)
全ての任務から無期限にはずす。(M)

as of は、ルミナス英和・和英辞典によると、(何月何日)現在で、とか ~以降 と言った意味があります。
上記の例では、~以降、です。
007映画では (何月何日)現在 という用例もあります。
“U.S. Immigration has no reports of 007 leaving the United States as of 1500 hours today.”(消されたライセンス)
米国出入国管理事務所は、本日15:00現在、007が米国を出国した報告を受けていない。

■007の自宅でマニペニーと

マニペニーが007の自宅に届け物をします。
一杯、どう?(007)
けっこうよ、長居しないから。(マニペニー) 
00時間19分55秒
That’s a shame.
そいつは残念。(007)

shameという単語の意味は、恥だけではないです。残念な事という意味もあります。

後ろの方でも出てきます。

マニペニーとの会話です。
メキシコの件であなたは終わったとみんな言っているが、でも始まりだと思うの。
どういう意味だい?
00時間20分20秒
All right.
I think you’ve got a secret.
いいわ、あなたは隠している事があると思うわ。(マニペニー)

オール ライト ではなく、
オール ライ と聞こえます。
日本語にもなっているオーライですね。

t という破裂音は、話の最後の音の時、消えることがあります。
後ろの方でも出てきます。

■タナーと007の会話

タナーと007がジョイント・セキュリティ・サービスの長であるCについて話してます。
彼について何か知っている?(007)
00時間23分22秒
Classic Whitehall mandarin.
典型的なホワイトホールの高級官僚さ。(タナー)

日本語字幕(戸田奈津子さん)では、
典型的な官僚さ。
です。

classic には、典型的な という意味があります。
ルミナス英和・和英辞典で classic を調べると、
classic symptoms of neurosis ノイローゼの典型的な症状.
a classic example [case] of Japanese politeness 日本人的丁寧さの典型的な例
とか載ってます。
ちなみにクラシック音楽は、clssic music ではありません。classical music です。これもルミナス英和・和英辞典に載ってます。

007とタナーは爆破された建物の代わりに使っている本部に到着しました。Q について、タナーは007に話します。
00時間24分23秒
Q wasn’t exactly feeling at home in Whitehall, what with the new merger, so he set up shop here, away from prying eyes, as it were.
Q は、ホワイトホールでは、まさに寛げない、新しい組織合併とかで、それで彼は仕事場をここに作り上げた、いわば人目に付かない場所でね。(タナー)

pry           (好奇心で)のぞく, (こっそり)様子をうかがう; (他人のことを)詮索(せんさく)する
away from prying eyes  人目につかない所で
ルミナス英和・和英辞典

まず、at home です。もちろん家にいる という意味もありますが、くつろいで、気楽にという意味もあります。
ダイ・アナザー・デイでは、007は今まで冷たい態度をとる、(しかも名前が)フロスト(霜)という女性に言います。
A palace of ice. 
You must feel right at home.
氷の宮殿だね。
君にとってはまさしく寛ぐだろうね。

what with は、~などの理由で、という意味になります。
英辞郎on the WEB

as it were は、ロイヤル英文法(綿貫 陽/宮川 幸久/須貝 猛敏/高松 尚弘 著)に説明があります。文の途中または文の終わりに置かれ、「いわば」の意味を表す。
007映画では、サンダーボール作戦に出てきます。
I must say, I find this business of equipping you in the field, on the run, as it were, highly irregular.
現場に出ている君に装備をあわただしく渡す仕事は、言わば、かなり変則的だよ。

■Qと007の会話

Q はM の指示で、 007 がどこにいてもわかるようなチップを007の血管に打ち込もうとしてます。
椅子に座らせて、右腕に装置を設置します。
00時間24分59秒
Just relax.That’s it.
リラックスして下さい。そうそう。(Q)

That’s it. は、ルミナス英和・和英辞典では、3通りの意味が載ってます。
(1) それです, そのとおり; それが問題[理由]だ.
(2) それが望みのものだ; (それ)その調子.
(3) これ[それ]でおしまいだ; もうたくさんだ.
上記のQのセリフは(2)の、(それ)その調子 です。
(1)の例としては、
ワールド・イズ・ノット・イナフでは、
He’s not loading cargo.
They want the sub to use the reactor.
That’s it.
荷物を積むとかじゃない。
やつらは(原子力)潜水艦を原子炉として使いたいんだ。
それだわ。

(3)の例としては、
スカイフォールでは、
Q は007に上海行きのチケット、パスポート、書類をまず渡し、次に掌紋認証付きワルサーPPを渡して、最後に居場所を送信するラジオ送信機を渡します。
00時間40分42秒
And that’s it.
これでおしまいです。

この他にも007には、That’s it. は出てきます。この記事をご覧ください。

Qが007に秘密兵器満載の自動車を紹介します。
00時間25分54秒 
Magnificent, isn’t she?
Zero to 60 in three point two seconds.
Fully bulletproof.
A few little tricks up her sleeve.
It’s a shame, really.
She was meant for you, but she‘s been reassigned to 009.
彼女(自動車の事)はすばらしいでしょ。(Q)
0から60まで3.2秒です。 (Q)
完全に防弾。 (Q)
彼女はちょっとした芸当を持ってます。 (Q)
本当に残念ですが、(Q)
彼女は、あなたのためのものでしたが、009に再割り当てされました。 (Q)

have …up one’s sleeve  いざというときの用意に〈…〉を持っている
ルミナス英和・和英辞典

she とか her sleeve とか自動車に対して言ってます。
無生物は普通は it で表しますが、船、車 は良く she で表されることがあります。
007映画では、船、潜水艦、飛行機、国が she で表されるシーンがあります。例えば、サンダーボール作戦では、船について、
That boat, is she yours?
The Disco Volante, Yes.
I’m very proud of her.
What does she do?
About 15 knots?
あの船、彼女(船の事)は君の物かい?(007)
ディスコ・ヴォランテ号だ、そうだ僕のだ。(ラルゴ)
自慢の彼女だ。(ラルゴ)
彼女はどのくらいのスピードを出せるんだ?(007)
15ノットくらい?(007)

同じくサンダーボール作戦では戦闘機に she を使ってます。行方不明になった核兵器を搭載した戦闘機に関して、基地の会話です。
Was she losing altitude when she went off the screen.
Yes, sir, rapidly.
We can’t scan below 300 feet and, well, she may have gone down.
Was she in trouble?
Not according to the last scheduled report which came from about here..
She is armed, isn’t she?
Two atomic weapons, sir.
彼女(戦闘機の事)はスクリーンから消えた時に、高度を落としていたのか?(上司)
はい、急激に落としてました。(部下)
300フィート(=約100m)以下では、レーダで捕えられません、
彼女は墜落したかもしれません。(部下)
彼女は故障していたのか?(上司)
ここら辺りから来た(地図を指しつつ)最後の定期報告では、そういうことはありませんでした。(部下)
彼女は、装備していたんだろう?(上司)
核爆弾を二基です。(部下)

この他にまだまだあります。この記事をご覧ください。

Q の話に戻ります。shame 残念、という表現は、007とマニペニーの会話でもありましたね。
00時間19分55秒
That’s a shame.
そいつは残念。(007)

three point two ですが、これは3.6と言う小数の読み方です。小数点を point と読み、小数点以下は1字ずつ読みます。例えば、ドクター・ノオの武器係のセリフでは、
00時間13分35秒
Walther PPK. 7.65 mm (武器係)
seven point six five と言ってます。

他にも007映画では、小数を言うシーンがあります。この記事をご覧ください。

■テロリストの葬式に出席して

007はテロリストの葬式で未亡人に会います。 007のせりふです。
00時間31分08秒
I’m sorry for your loss.
お悔やみ申し上げます。

I’m sorry. という言葉は当然、ごめんなさい、という意味もありますが、他にもお悔やみ申し上げます、という意味があります。ワールド・イズ・ノット・イナフでも、
I saw you at my father’s funeral.
Yes. I’m sorry.
あなたを父のお葬式で見かけたわ。
はい、お悔やみ申し上げます
というシーンがあります。
お悔やみの言葉には、 My condolences.というのもあります。この記事をご覧ください。

また、I’m sorry は ? が付いて、I’m sorry? となると、別の意味があります。聞き返す時、もう一度言って欲しい、とかいう意味です。
カジノ・ロワイヤルでは
Then you’re an idiot.
I’m sorry?
I said, you’re a bloody idiot.
じゃあ、君はバカだ
なんて言ったの?
君はとんでもないバカだといったんだよ。
というシーンもあります。
Excuse me? も聞き直すときに使います。この記事をご覧ください。

夫人が007に聞きます。
お仕事は?(夫人)
00時間31分17秒
Life insurance.
生命保険です。(007)

インシュアランスでなく、インシュアランツと聞こえます。

insurance では、ins の中に、n から s、 rance の中に、n から ce がありますが、ins はインスと聞こえ、rance はランツと聞こえます。
この映画の後ろの方では、inheritance をインヘリタンツと言ってます。
こちらでは、once をワンツと言ってます。

テロリストの未亡人を暗殺者から守った後、007は紙に何か書いてます。
00時間36分32秒
Leaving your number?
電話番号を書き残しているの?(テロリストの未亡人)

これは、Are you leaving your number? から、Are you が省略されたものです。インフォーマルな会話では、Are you、Have you、Do you、Would you が良くカットされると即戦力がつくビジネス英会話(日向清人著)にあります。
Do you が省略された例は、この後に出てきます。

■敵の殺し屋に追われる自動車チェイスの途中で

マニペニーが007に情報を伝えます。
00時間47分06秒
I ran that check.
私は調べたわ。(マニペニー)

アイ ラン ザット チェック でなく、
アイ ランナット チェック と聞こえます。

n の後の th は発音しないことがあります。
カジノ・ロワイヤルでも、
When they analyzed the stock market after 9l11,
9.11同時多発テロの後の株式市場を分析した後、
When they は、
ウェン ゼイ でなく、
ウェ ネ イ と聞こえます。

th の音が消える原理は、この記事をご覧ください。ややこしいですが。

■英国で

ジョイント・セキュリティ・サービスのヘッドの C が、世界で連携して情報を統合する提案をしましたが、南アフリカの反対で実現しませんでした。
C は M に言います。
時間の問題さ、南アフリカも納得するさ。(C)
01時間00分48秒
And you know they say, Rome wasn’t built in a day.
みんな言うだろ、ローマは一日にして成らずだよ(C)

007にはことわざが結構出てきます。
火のない所に煙は立たぬ、60の手習い、ペンは剣より強し、はこの記事
目には目を、60の手習い(別の言い方)はこの記事
時は金なり、遅れても何もやらないよりはまし、は[この記事]()、
可愛い子には旅をさせよ、はこの記事をご覧ください。

■007がマドレーヌが勤めるクリニックに行って

スペクターでは、
007はホワイトの娘マドレーヌ・スワンを悪の組織から守る事と引き換えに情報を得ようと、スワンの勤める医療施設に患者を装って訪ねました。スワンのせりふです。
01時間03分55秒
My name is Dr. Madeleine Swann.
Our job today is to analyze your needs, both psychological and physical.
私の名前はドクター・スワンです。(マドレーヌ)
今日の仕事はあなたの要求を分析することです。 (マドレーヌ)
心理的、肉体的の両面で。(マドレーヌ)

my name is Dr.…と、名前にドクターをつけてますね。
トゥモロー・ネバー・ダイでも、My name is Dr. Kaufman.の台詞があります。
Dr. には、医者の敬称と、博士号を持った人への敬称と言う意味があります。ふたりとも、医者です。Kaufman も他殺を自殺に偽装できる法医学上の知識を持ってますから、

Our job today is to analyze ですが、be+to 不定詞 です。これは、世界一わかりやすい英文法の授業(関正男著)では、予定~する予定、意図~するつもり、義務~しなくてはいけない、可能~できる、運命~する運命だ とか、参考書に書いてあるが、そんな分類をせずに、これから~することになっていると、訳せばよいとあります。

このマドレーヌのセリフの場合、業務ですから、予定とか意図でしょうが、どちらにしても、~することになっている で構わないですね。
日本語字幕(戸田奈津子さん)では、
今日は精神・身体両面の検査をします。
となってます。

マドレーヌの問診の質問を遮って007は経歴とかマドレーヌ自身の話を始めます、何かから隠れているようだと言うと、マドレーヌが言います。
01時間05分17秒
You’re paying a lot of money to be here, Mr. Bond.
Who’s asking the questions, you or me?
高額のお金を払ってここにいらっしゃるのですよ。(マドレーヌ)
誰が質問しているのですか、あなたですか私ですか?(マドレーヌ)

you or me ですが、人称代名詞が複数出てくる時には、順番があります。
2人称→1人称、2人称→3人称、3人称(または名詞)→1人称 です。
この場合は、2人称→1人称 ですね。

後ろの方でも出てきます。

■007、Q とスワン

Q のいるホテルの部屋に007はスワンを連れてきます。Q はスワンを見て、007に言います。
01時間15分40秒
Bond, we need to talk.
Alone.
ボンド、私たちは話し合う必要がある、二人だけで。(Q)

alone は ただ一人で という意味もありますが、二人以上にも使えます。つまり、我々だけで という意味です。

■マドレーヌとホテルの1室で

007はマドレーヌ・スワンの父親が与えてくれたスペクターに関する手がかりを求めて、あるホテルの一室にマドレーヌと来てます。何も見つかりません。壁の奥に酒がありました。
何なの?(マドレーヌ)
01時間19分08秒
It’s your inheritance.
Want some?
No, thank you.
君への遺産だよ。(007)
いるかい?(007)
いらないわ。(マドレーヌ)

インヘリタンス でなく、
インヘリタンツ と聞こえます。

また、Want some? は、Do you want some? の Do you がカットされたものでしょう。
こちらでは、Are you がカットされてました。

inheritance       [普通は単数形で] 相続財産, 遺産
ルミナス英和・和英辞典

007はそれを飲みます。
01時間19分28秒
Well, here’s to your father.
あなたのお父さんに乾杯!(007)

Here’s to ~ は、~に乾杯と言う意味になります。
乾杯の表現は、Cheers. Bottom up. To us. Drink a toast. とかいろいろあります。この記事をご覧ください。

スワンは先に寝ようとしてます。
007に言います。
01時間20分39秒
Come anywhere near me and I’ll kill you.
私の近くのどこでも来てみなさい、そしたら殺すわ。

~しなさい、そうすれば、という 意味になる、命令文+and の文型です。でも、命令文+and だとは気が付きにくいです。and がはっきりとアンドと発音されず、and I’ll kill you が
アンド アイル キルユーでなく、
アン ナ イル キルユー と聞こえるからです。
and の d が落ちて、アンという、いわゆる弱系の発音になっているからです。
この弱系の発音は辞書にもちゃんと乗ってます。ルミナス英和・和英辞典で and を検索してください。

007に向かってマドレーヌ・スワンが銃を扱えることを見せたシーンです。
01時間29分10秒
A man once came to our house to kill my father.(スワン)
私の父を殺しに、一人の男が家に来たの。

ワンスでなく、ワンツと聞こえます。

この映画では、こちらで、insurance をインシュアランツ、こちらで、inheritance をインヘリアンスと言ってます。

ンの後のスがツになるのは、ンという音のための口内の閉鎖が、摩擦音スに移る際、小さな破裂が起きるからです(t は破裂音)。、

ンの後のスがツになる例は、007映画でも dance、ancient、France、prince と 多くあります。この記事をご覧ください。

■007とマドレーヌがブロフェルドと会って

ブロフェルドは007に話してます。
今まで007が倒してきたル・シッフル、グリーン、シルヴァを例に挙げて、君は私の仕事を邪魔してきた、とブロフェルトは言います。
そのため、私も君の世界を破壊した。
01時間46分06秒
Or did you think it was coincidence that all the women in your life ended up dead?
それとも、君の人生で出会った女はみんな死んだのは偶然だと考えていたのかね?(ブロフェルド)

it was coincidence that all the women in youf life ended up dead を取り出して見ます。
この it was ~ that は形式主語の文型です。この文では、that 以下が主語で、素直に書くと、all the women in youf life ended up dead was coincidence となり、主語(君の人生で出会った女性がみんな死んだ という事)が長たらしくなるので、it でまとめて受けて、it was ~ that(主語)の形、つまり 「それは偶然だ、それはというのは、that 以下」という感じの構成です。

it is ~ that という形は強調構文の場合もあります。後ほどに出てきます。

007はブロフェルドに捕まり、マドレーヌ・スワンの前で拷問を受けようとしてます。ブロフェルドが話をしてます。
01時間49分45秒
Now, James and I were both present recently when a man was deprived of his eyes.
ジェームズと私は、男が両眼をつぶされたのを最近見た。(ブロフェルド)

人称代名詞が複数出てくると、
2人称→1人称、2人称→3人称、3人称(または名詞)→1人称 の順番になります。
この場合は、James and I では3人称→1人称の順番になってます。
前の方では、2人称→1人称でしたね。
007映画での、人称代名詞が複数出てくるシーンは、この記事でご覧になれます。

■007の拷問シーン

ブロフェルドは007を拷問してます。マドレーヌ・スワンにブロフェルドが話をします。
ジェイムズは若い時に両親を亡くしたんだ。(ブロフェルド)
01時間52分42秒
But did you know that it was my father who helped him through this difficult time?
この男がつらいときに助けた人間は、私の父だったことを君は知っていたか?
(ブロフェルド)

it was my father who helped him through this difficult time を取り出して見ます。
この it was ~ that は強調構文です。この文では、that 以下の事をしたのは、私の父なんだよ、という事です。

先程は形式主語が出てきました。
it was coincidence that all the women in your life ended up dead

学校ですと、強調構文と形式主語を区別するとかいう問題が出てくると思います。
ロイヤル英文法(綿貫 陽/宮川 幸久/須貝 猛敏/高松 尚弘 著)には、こんな説明があります。
(1)It is と that を取り除いて、完全な文になるなら、強調構文。
(2)It is と that の間の語が形容詞またはそれに類する語句ならば、形式主語構文、名詞・代名詞・副詞(句・節)であれば、強調構文の事が多い。

強調構文 it was my father who helped him through this difficult time で見てみます。it is と that を取り除きます(この場合は、is は was で that は who です)
it was my father who helped him through this difficult time

    my father    helped him through this difficult time
はい、文になってますね。
また、It is と that の間の語は名詞ですね。
だから強調構文です。

形式主語 it was coincidence that all the women in your life ended up dead を見てみます。it is と that を取り除きます(この場合は、is は was です)
it was coincidence that all the women in your life ended up dead

    coincidence    all the women in your life ended up dead
coincidence が浮いて、文になってませんね。
また、It is と that の間の語は coincidence と名詞ですが、形容詞に類する語句ですね。
だから形式主語です。

007映画でも強調構文は多いです。この記事をご覧ください。疑問詞を強調する強調構文もあります。この記事をご覧ください。
形式主語は、この記事をご覧ください。

拷問中、ブロフェルドはスペクターの一員の娘だったマドレーヌに言います。
彼は君が誰だかわからなくなって死ぬ。
01時間54分06秒
The daughter of an assassin.
The only one who could have understood him.
Shame.
殺し屋の娘、(君は)彼を理解できたかも知れない唯一の人間だ。(ブロフェルド)
残念だね。(ブロフェルド)

■ロンドンで

M が C を警察に連行すると言うと、C が M に聞きます。
02時間05分05秒
On what grounds exactly?
正確にはどういう理由で?

ワット グラウンズ でなく、
ワッ  グラウンズ と聞こえます。

破裂音 t は直後に、破裂音がくると、飲みこまれることがあります。

grounds        根拠、理由
ルミナス英和・和英辞典

M と C の会話の続きです。
02時間10分48秒
You don’t matter anymore.
Maybe I don’t.
But something has to.
あなたはもはや重要じゃない。(C)
そうかもしれない、でも他に重要なのがある。(M)

I don’t.は、
アイ ドント でなく、
アイ ドン と聞こえます。

破裂音 t は詞の最後に来ると、飲みこまれることがあります。

以上、007映画 スペクターで英語を見てきました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です