007映画で英語の勉強 ジョーク集 figureって数字だけど、スタイル(体型)も表す。それを使ったジョーク。実際に使うとセクハラでしょう。

ジョーク集第2弾です。
第1弾はこの記事です。

figure 数字、(特に女性の)体型

ワールド・イズ・ノット・イナフでは、
007はスイスの銀行に金を受け取りに来ました。責任者が若い女性に007に領収書を渡すように言ってます。
女性が言います。
00時間01分20秒
Would you like to check my figures?
I’m sure they’re perfectly rounded.
私の数字をチェックして頂けませんか?(若い女性)
完全に切りの良いの数字だね。(007)

日本語字幕では、
見て下さい(若い女性)
数字も魅力的だ(007)
です。

ルミナス英和・和英辞典で調べると、
figure には、数字とか金額とかの意味もありますが、 (体の)格好, (特に女性の)体型, スタイル という意味もあります。
round には、(数字)を端数の無い(切りのいい)数にする、という意味もありますが、何か物を丸めるという意味もあります。

だから、さっきのセリフのやり取りは、
私の体型をチェックして頂けませんか?(若い女性)
完璧な丸み加減だね。(007)

とも取れます。

同じようにfigureを使ったものは、他にもあります。

私を愛したスパイでは、
原子力潜水艦が行方不明になりました。潜水艦追跡装置の設計図が売りに出されていると聞いて、007がクラブでマックス・カルバという男に会いに来ました。007は言います。
私が買いたいものを持ってますね。(007)
そこにロシアの女性秘密情報部員のアマソワ少佐が現れます。
露出度の高いドレスを着てます。
私も値をつけたいわ。(アマソワ少佐)
競争相手ができたようたね。(007に向かってカルバ)
00時間35分49秒
From where I sit, I fancy you will find the lady’s figure hard to match.
ボンドさん、ここから見ると、この女性の数字は対抗するには難しそうだね。(カルバ)

fancy       何となく思う。

これは、この女性の体型は対抗するには難しいね、とかけているのだと思います。

でも、これら二つのジョークは、実際に使うのはまずいですね。
セクシャル・ハラスメントにみなされると思います。

ところで、セクハラとみなされる、とかは、こんな風に言います。007映画に出てきます。
リビング・デイライツでは、
007が本部に戻ると、マニペニーが着飾っています。そこから、二人で大人の会話をしてます。
やがてマニペニーが言います。
00時間37分10秒
You know, this sort of behaviour could qualify as sexual harassment.
そういうのはセクハラになるわ。(マニペニー)

qualify       〈人・物・言動など〉を(…と)みなす, …と評する (as)
ルミナス英和・和英辞典

ちなみに、could qualify は、
クッド クオリファイ でなく、
クッ  クオリファイ と聞こえます。
d の音が落ちてます。こういうのはいつか記事でキチンと勉強したいと思います。

次のジョークに行きます。

in one piece と one piece 無事に と 一部

スペクターでは、
007がQの研究室に来てます。ぼろぼろに壊された自動車を修理しているところに来ました。
Qが言います。
00時間26分45秒 
Only a steering wheel.
I believe I said, “Bring it back in one piece,” not, “Bring back one piece.”
ハンドルだけ。(Q)
ひとつの物として(バラバラでなく)返してくれ、と言ったと思いますよ、ひとつのピースを返してくれでなく。(Q)

日本語字幕(戸田奈津子さん)では、
無傷なのはハンドルだけ
無キズで と言ったのに、
これじゃ全身キズだらけ
です

ルミナス英和・和英辞典によると、
in one piece (物・人が)無事に.
です。
pieceは一つの物なので、
in one piece (物・人が)無事に、というのは、pieceが一個の状態=ばらばらになってない=(物・人が)無事にで、なのでしょうね。
ちなみに、 in pieces は、ばらばらになって, 粉々になって, 壊れて.です。
個別のもの pieces がいくつか=ばらばらになって、なんでしょうね。

このシーンでは、ジョークを言った本人のQが自分で笑っています。

ちなみに、自動車のハンドルは和製英語です。英語では steering wheel と言います。この記事で勉強してます。

この、in one piece では、怖い用例が007にはあって、

カジノロワイヤルでは、
カジノでの高額の賭けで007に負けたル・シッフルは金を取り戻すべく、007の協力者の女性ヴェスパーをさらい、さらに追いかけて来た007をとらえ、金を預けた銀行のパスワードを白状するよう拷問します。
01時52分45秒 
Give me the password and I will at least let her live.
Bond.
Do it soon enough and she might even be in one piece.
パスワードを言え、そうすれば彼女(ヴェスパー)は生かしてやる。(ル・シッフル)
ボンド。 (ル・シッフル)
早く言えば、彼女は ばらばら にはならないだろう。 (ル・シッフル)

日本語字幕(戸田奈津子さん)では,
女が切り刻まれる前に吐け
という怖い表現になってます。

この文は二つとも、命令文+and で、~しなさい、そうすれば、です。これについては別の記事で勉強しようと思ってます。
追記 記事にしました。

以上、007のジョークから勉強したことでした。ジョークはまだあります。次の記事に続きます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です